バルセロナ、ローンで獲得した若手DFと3年契約を締結...マテューの退団が決定的に

シェア閉じる コメント
フルミネンセからローンで獲得したマーロンと3年間の契約を結んだバルセロナ。それに伴い、マテューはギリシャに放出へ。

バルセロナが、若手DFのマーロン・サントスと3年契約を結んだことが分かった。

2016-17シーズンにフルミネンセからローンでバルセロナに加入した21歳のマーロンは、大半の時間をBチームで過ごしていたものの、ルイス・エンリケの下、ファーストチームで3試合に出場。去就に関してはさまざまな憶測が飛んでいたが、2020年までカンプ・ノウでプレーする契約を結んでいる。

スペインメディアによると、今夏新指揮官に就任したエルネスト・バルベルデ氏は、マーロンを高く評価しており、ファーストチームに引き留めたいと考えているようだ。一方、レアル・ベティスがブラジル人DFのローン移籍に興味を持っているとも報じられるなど、2017-18シーズンの開幕をどのクラブで迎えるかは決定していない。

若手DFのマーロンがバルセロナと契約を結んだことで、大きく信頼を失っていたジェレミー・マテューが今夏クラブを退団することが決定的となった。10月で34歳になるフランス代表DFの移籍先として、ギリシャリーグ王者のオリンピアコスが候補に挙がっている。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる