バルセロナ、グレミオ所属の若手MFアルトゥールを確保…今夏に3000万ユーロの買取オプション行使可能

シェア閉じる コメント

バルセロナは11日、グレミオに所属するブラジル代表MFアルトゥール(21)を確保したことを発表した。

アルトゥールは創造性あふれるプレーが魅力の中盤の選手で、カタルーニャメディアの間ではMFアンドレス・イニエスタとも比較された。欧州の並み居るビッグクラブが獲得を目指していた同選手だが、結局バルセロナに移籍することがほぼ確実となった。

バルセロナは声明で、自クラブが今年7月に行使可能なアルトゥールの買い取りオプションを手にしたことを伝えている。

「バルセロナとグレミオ・デ・ポルト・アレグレは、アルトゥール・エンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロの買い取りオプションの予約について合意に達しました。バルセロナは選手登録の権利を、2018年7月に行使できます。そのオプションを行使する場合の価格は、3000万ユーロ+インセンティブ900万ユーロに設定されています」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
フランスが2戦目で爆発か…ペルーの対策すべき点は?【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
“脱メッシ依存”なるか。後がないアルゼンチンがクロアチアと激突【グループD第2節プレビュー】
次の記事:
メッシ登場!アルゼンチンvsクロアチアを大手ブックメーカーはどう見る?
次の記事:
堅守光るデンマークを豪州はどう崩すのか?名将の采配に注目【グループC第2節プレビュー】
次の記事:
GLで強いフランス、ムバッペとロリスの記録達成なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】
閉じる