バルセロナ、グリエズマンとの個人合意を声明で否定「彼とクラブにつながりはない」

シェア閉じる コメント

バルセロナは20日、クラブがアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンの獲得に動いていることを声明でもって否定した。

先には、グリエズマン及びその関係者と違法に接触していたとして、アトレティコ側からFIFAに訴えを起こされたバルセロナ。しかしながらカタルーニャのスポーツ新聞は、バルセロナとグリエズマンが今夏の移籍で個人合意に達していることを前提にして、その詳細などを報じ続けている。

20日付の『スポルト』は1面で「(バルセロナが)グリエズマンと交わした密約」との見出しを打ち、グリエズマンがバルセロナ移籍の約束を反故にした場合には、ペナルティーがあると報道。また同日付の『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナがグリエズマンのために背番号7を用意していることを報じた。

この状況を受けたバルセロナは、声明でもってグリエズマンとの接触を否定した。

「バルセロナは複数のメディアで報じられているグリーズマンとクラブの推定上のつながりを、断固として否定する。クラブはこのことに遺憾の意を示すとともに、アトレティコに対しての敬意を今一度強調する」

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する