バルセロナへやってきたジェリー・ミナのこれまで…どのような少年時代を過ごしたのか?

シェア閉じる コメント
今冬、バルサへとやってきたジェリー・ミナは、決して楽な幼少期をグアチェネで過ごしてきたわけではない。彼は愛する生まれ故郷の人々を献身的に援助しながら、名門バルセロナでプレーすることを勝ち取ったのだ。

グアチェネ(コロンビア)では多くの人々が月100ドル(約1,1000円)以下で日々の生活を送っている。グアチェネはコロンビア、カウカ県の42町村あるうちの1つの村である。ジェリー・ミナはグアチェネで生まれ育ち、1200万ユーロ(約16億円)でバルセロナの新戦力となった。

彼は飢餓に苦しむことはなかったが、幼少期からの幼馴染とはかけ離れ、想像もしていなかった運命を辿ることになった。

バルセロナ史上初のコロンビア人選手となったミナは、暴力事件が多発していた2万人ほどが暮らす貧しく小さな村で生まれ育った。そこで、サッカーボールを夢中で追いかける楽しさを初めて知った。実際には、非常に厳しい環境にも屈せず、サッカーボール1つで世界に名を轟かせた選手は彼だけではない。だがその中でも彼のように名門中の名門、バルセロナでリオネル・メッシやアンドレス・イニエスタ、その他のスター選手とプレーしたという人間は彼の村出身ではいない。

Yerry Mina Barcelona

PS Transferts Yerry Mina

ジェリー・ミナはバルセロナでセンターバックとしてのプレーを期待されているが、それはパルメイラスではあまりプレーしてこなかったポジションである。小さい時からサッカー選手になることを夢見ていたが、9番や10番を付けるようなありきたりで、ゴールを常に決めたいという選手ではなかった。当初、彼は父親や叔父たちのようにキーパーになりたかったという。だが、父親はキーパーよりもミッドフィルダーが合っていることをアドバイスし、彼のキャリアのスタートであるデポルティーボ・パストでは、守備的ミッドフィルダーでデビューを飾った。

また、最近になってSNSで投稿された彼のダンス動画はフェイクビデオではないということも付け加える必要がある。彼は音楽を愛していて、特にサルサ、サルサ・チョケという種類のダンスを愛して止まない。幼少時代は極度の恥ずかしがり屋だったというが、今ではそうした面影はなく、冗談やダンスを披露したりすることを恥ずかしがることはないという。

人生が彼のキャリアアップやサッカー選手としてのエリートになるチャンスを与えた。だが彼は、子供の頃からの謙虚さと明るさを持ち、日々目標へとひたむきに進んでいる。彼の幼少期、プロデビュー当時から応援してくれている人、支えてくれた人がいるように、彼もまたその恩を忘れず自ら個人で”ジェリー・ミナ財団法人”を創設し、彼の生まれ故郷グアチェネの子供、大人を含めた約2000人の資金援助を積極的に行っている。

生まれ故郷であるグアチェネからは遠く離れることになってしまったが、ジェリー・ミナは夢であったバルセロナの一員としてプレーをする。彼は自分の生まれ故郷、自分のこれまでの人生への誇りと努力を忘れずに彼らしく邁進していくだろう。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」
次の記事:
フランス代表、帰国後にパレードを予定…警察当局は2000人体制で警備
次の記事:
スペイン紙W杯総括、良い&悪い点のどちらにも日本の名…「模範的な日本」「汚い日本」
次の記事:
浅野拓磨、フランス代表でW杯優勝の“兄弟”パヴァ―ルに祝福メッセージ…2年間ともにプレー
次の記事:
FC東京MF梶山陽平「もう一度ピッチで戦いたい」…今季J1出場なく、昇格目指す新潟へ
閉じる