バルセロナが新たなCB補強!セビージャから若手有望株を50億円で獲得

シェア閉じる コメント
リーガ・エスパニョーラ王者が、セビージャからクレメント・ラングレの獲得を決めた。

バルセロナが、セビージャからDFクレメント・ラングレを2023年までの5年契約で獲得した。契約解除金は3億ユーロ(約390億円)に設定されている。

2017-18シーズンのリーガ・エスパニョーラを、わずか1敗という圧倒的な成績で制したバルセロナ。しかし、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマ相手にまさかの逆転敗退を喫し、新シーズンの欧州制覇へ向けチーム強化を進めている。

そんなリーガ王者は、新たなセンターバックの獲得を決めたようだ。セビージャに対し、ラングレの契約解除金3590万ユーロ(約49億円)を支払い、同選手をチームに引き入れている。

2017年1月にセビージャに加入したラングレは、ここまで公式戦73試合に出場。クラブの主力として活躍していたが、契約延長オファーを拒否したことが明らかとなっており、夏の移籍が確実視されていた。マンチェスター・ユナイテッドも獲得へ動いていたが、23歳の注目株を射止めたのはバルセロナとなった。

すでにグレミオから21歳MFアルトゥーロを4000万ユーロ(約52億円)で獲得しているリーガ王者。移籍市場開幕から早い段階で、若手有望株2人の補強を完了させたようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
CL決勝で痛恨ミスのカリウス、いまだ批判を続ける人々に「同情する」
次の記事:
ローマがアリソンの後釜確保へクラブ間合意…W杯で躍進スウェーデンGKを15億円で
次の記事:
プリシッチ、ICCで2ゴールもMVPに選ばれず…意外な理由とは?
次の記事:
味スタでベルギーを見た。FC東京が見せた“高速カウンター”は新たな武器となるか
次の記事:
柴崎岳、新たに海外挑戦する植田直通らにエール「互いに切磋琢磨してやっていこう」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する