バルサFW陣の意外なデータ...アルカセルより決定力が低いルイス・スアレス

シェア閉じる コメント
チャンピオンズリーグでノーゴール

現地時間4日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でローマと対戦するバルセロナだが、この試合を前に意外なデータが浮き彫りとなっている。スペイン『マルカ』が伝えた。

バルセロナは今季、FWルイス・スアレスがCLでノーゴールが続いている。スアレスはCL8試合(出場時間704分)で無得点だ。

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド(14得点)、セビージャFWウィッサム・ベン・イェデル(8得点)、リヴァプールFWロベルト・フィルミーノ(7得点)、トッテナムFWハリー・ケイン(7得点)、バルセロナFWリオネル・メッシ(6得点)と得点ランクの上位を占める選手たちに比べると、スアレスは欧州の舞台で決定力を明らかに欠いている。

また、スアレスは全公式戦でここまで144分毎に1ゴールの割合でネットを揺らしている。これはバルセロナFWパコ・アルカセル(143分毎に1ゴール)より低い数字だ。

一方で、スアレスはリーガエスパニョーラで22得点を挙げている。C・ロナウド(22得点)と並び、メッシ(26得点)に次いでリーガ得点ランクの2位に位置。CLの舞台でのスアレス爆発に期待が寄せられている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
8カ月ぶり代表復帰の岡崎慎司、連携面に自信も「パっとスッとできるほど簡単なもんじゃない」
次の記事:
ポーランドメディアが指摘する日本代表の問題点…メンバー選考に辛口批評
次の記事:
吉田麻也が語るハメスとマネの攻略ポイント「必殺技はないです」
次の記事:
ヘント久保裕也、今夏の去就について現地メディアに「将来のことはそのうちわかる」
次の記事:
岡崎慎司はW杯イヤーをどう過ごしたか?総括と現在地【日本代表×当落線上の男たち】
閉じる