バイエルン一強に対するミュラーの本音とは?「正直、僕も普通のファンだったら…」

シェア閉じる コメント
バイエルンは今季ブンデスリーガ史上初の5連覇を達成。ミュラーは”予想通りの結末”を望まなかったサッカーファンたちの声に理解を示した。

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、バイエルン一強への不満に理解を示しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューで語った。

2016-17シーズンも、ブンデスリーガの王者はバイエルンだった。カルロ・アンチェロッティ監督を迎えた同クラブはこれでリーグ史上初の5連覇を達成。国内のサッカーファンがうんざりしつつある光景だが、それについてミュラーは次のように話している。

「正直、僕も普通のファンだったら、最終節までスリリングなコンペティションを望むだろう。それ以上美しいものなんて考えられないからね」

しかし、当然バイエルンの選手としてはベストを尽くし続ける以外は考えられない。

「ただ、僕はスリルを望むような立場じゃないんだ。そういうことに気を配れないことを理解してほしい。僕たちは今後も、ドイツで最強のチームでいられるために、今までのように続けようと考えているし、実際にそうする」

リーグ内の勢力図を自ら変えることはないと強調するミュラー。だが、どこかで他クラブが競争力を高めることを望んでいるのかもしれない。

次の記事:
インテル長友佑都、天王山ナポリ戦で高評価も次戦はターンオーバーでベンチスタートか
次の記事:
ブンデス最下位に沈むケルン、GMとの契約解消を発表…大迫勇也や長澤和輝らの獲得を担当
次の記事:
88年目で初のセリエAも今季全敗ベネヴェント、監督解任を発表…後任はデ・ゼルビ氏
次の記事:
シュトゥットガルト指揮官が浅野拓磨の復活を確信「良い一歩を踏み出してくれた」
次の記事:
ミラン前会長が明かす不安「クラブは財政上の問題を抱えている。心配だ」
閉じる