ハリル監督、欧州遠征2連敗もベルギー戦の出来に手応え「大きなライオンを倒すところまで行った」

シェア閉じる コメント
日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、ベルギー戦後の記者会見で、手ごたえと課題を語った。

国際親善試合が14日にベルギー・ブルージュで行われ、日本代表とベルギー代表が対戦した。試合はベルギーが1-0で日本に勝利。日本の欧州遠征は2連敗に終わった。

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後の記者会見で「残念でした」と口にする。「1人に4人が抜かれて、もったいない失点をした」と指摘するのは、72分のシーン。ベルギーは左サイドのナセル・シャドリがドリブルで4人をかわしてペナルティエリア内に進入。GKとDFを引きつけてふわりとしたクロスを入れると、ファーサイドのロメル・ルカクがヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

しかし、このシーン以外については「チームは良い試合をしたと思います。ブラジル戦よりも良いゲームコントロールができた」と、一定の評価を与える。そして「攻撃面では得点につなげるチャンスがあったにもかかわらず、得点できなかったことは少し残念ですけど、先ほどロッカールームで選手に『大きなライオンを倒すところまで行ったぞ』と祝福しました。次はもっと良くなると思います」と、ポジティブに捉えた。

さらに「心理面でより良い準備ができた」と、1-3で敗れたブラジル戦からの改善点を挙げると、「どんなチーム相手でもブロックを作れば、ボールが奪える」と、守備面で大きな可能性を見いだしたと主張。ただし、「ボールを奪った後の冷静さが必要」と、攻撃面の課題を挙げる。ボールを奪った後「良い選択する」必要があり、そのためには「自信と経験」が必要だと続けた。

また、ブラジル代表やベルギー代表との違いとして「何か違いを生み出せる選手が足りない」と分析する。そのため「組織で、トップパフォーマンスで挑む必要がある」と言及し、そのためには「クラブの役割が重要になる」と自説を唱える。選手たちの「フィジカルコンディションが上がれば、より高度な戦術を扱える」ようになると説明し、「今日から6月まで毎日が合宿。そのつもりで、クラブでやってほしい」と、選手や所属クラブにメッセージを送った。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
次の記事:
Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも
次の記事:
ついに神戸デビュー果たしたイニエスタ…スペインメディア「世界中が注目した」「パスが通らなかった」
次の記事:
J1通算2万1000ゴールを達成…メモリアルゴールを決めたのは?
次の記事:
磐田、新加入・大久保投入も実らずドロー…札幌はPK失敗が響く/J1第17節
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する