ハリル監督「セネガルに似たチーム」…W杯前、国内最終戦の対戦相手はガーナに

コメント
5月30日開催のキリンチャレンジカップ2018で、日本代表はガーナ代表と対戦する。

日本サッカー協会(JFA)は14日、対戦相手未定となっていた5月30日開催のキリンチャレンジカップ2018にて、ガーナ代表と対戦することが決定したと発表した。会場は日産スタジアムで、ナイトゲームとなる予定。また、テレビ放送は調整中となっている。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はJFA公式サイトを通じて、「ワールドカップ本大会に向けた最終準備の初戦となる試合です。3月のマリ代表に続き、ガーナ代表とやることになりますが、セネガル代表に非常に似たチームだと思います。爆発的なスピード、パワーそしてアグレッシブさを伴ったチームに我々は慣れなくてはいけません」と、コメント。本大会で対戦するセネガルを意識した対戦相手であると語った。

さらに「そしてこの試合は日本国内で本大会前の最後の試合となります。我々がどのようなものを表現できるのか、ということを示すことが大事になってきます。いい準備をして本大会に臨みたいので、その準備のためにもサポーターの皆さんがいつものように素晴らしい雰囲気を作ってくださることを期待しています。この試合後、ヨーロッパへと移動しますが、やはり最後にサポーターの皆さんの気持ち、そしてあの最高の雰囲気を直接スタジアムで感じたいと思います」と続けた。

ガーナ代表は2月発表のFIFAランキングで54位。日本代表は過去6回対戦し、4勝2敗と勝ち越している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
井手口陽介、2試合連続先発…中盤で唯一フル出場もフュルトは初黒星
次の記事:
両日本人先発のHSV、悪夢の5失点大敗で首位陥落…伊藤達哉は存在感発揮もゴールに絡めず
次の記事:
今季6戦全勝もプレー内容で批判受けるバルセロナ…バルベルデ「人々が思っているほど簡単じゃない」
次の記事:
ニューカッスル、モドリッチ獲得のチャンスを捨てた過去。理由は…
次の記事:
S・ラモスの過剰な攻撃参加に西メディア警鐘…ロペテギ「指示していたわけではない」
閉じる