ハノーファー会長、大迫勇也のブレーメン行きに驚きを示す…「うちに来て欲しかった」

シェア閉じる コメント
ハノーファーも大迫の獲得に乗り出していた模様。キンド会長は争奪戦での敗北を認める。

16日、日本代表FW大迫勇也のケルンからブレーメンへの移籍が正式に発表された。ハノーファーのマルティン・キンド会長は、その移籍に驚かされているようだ。

ケルンの2部降格が決定して以来、今夏以降の去就が騒がれ始めた大迫。ブレーメンやハノーファー、1部昇格を決めたフォルトゥナ・デュッセルドルフからの興味が伝えられたが、16日に前日にメディカルチェックを受けたブレーメンへの移籍が完了した。

一方で、ハノーファーが実際に同選手の獲得に乗り出していたことが判明している。キンド会長は大迫がブレーメンに向かう決断を下したことを受け、ドイツ『シュポルトバザー』で「オオサコにはうちに来て欲しかった。彼は我々の(ターゲット)リストに載っていた」と認めている。

同メディア曰く、ハノーファーは、欧州コンペティションに出場するようなクラブが争奪戦に加われば、大迫を獲得するにあたって苦戦を強いられることを覚悟していたという。だが、選手が新天地に選んだのはハノーファーと同様、来季欧州の舞台への出場権を獲得していないブレーメンだった。キンド会長はそんな相手との争奪戦に敗れたことに不満を抱いているのかもしれない。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ユヴェントス加入のC・ロナウドが入団会見!「歴史を作りに来た。CL制覇のためにベストを尽くす」
次の記事:
ジダンがネイマール獲得を望まなかった理由…「マルセロとは共存できないと考えていた」
次の記事:
クルトゥワ&アザールの獲得狙うレアル・マドリー、アザール獲得交渉は長期戦か…移籍金はネイマールと同額
次の記事:
ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」
次の記事:
フランス代表、帰国後にパレードを予定…警察当局は2000人体制で警備
閉じる