ネイマール退団でバルサは戦力アップ?デル・ボスケ「いない方がいいチームになるかも...」

シェア閉じる コメント
元スペイン代表指揮官はブラジル代表FW放出を前向きに捉える

元スペイン代表指揮官ビセンテ・デル・ボスケ氏は、FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルセロナについて、チーム力が向上する可能性があると指摘している。

2億2200万ユーロ(約290億円)と引き換えに、ネイマールを放出することになったバルセロナ。現在その代役としてリヴァプールMFフィリペ・コウチーニョ、ボルシア・ドルトムントFWオスマン・デンベレらの獲得に動いているが、成果は得られていない。

だがデル・ボスケ氏は、スペイン『カデナ・セール』でネイマール不在でもバルセロナの力が劣ることはないと語った。

広告

「選手の気まぐれな部分と戦わなければいけないようであれば、それは危険だ。そういった意味で、バルセロナはネイマールという、気まぐれになる可能性のあった選手を取り去ったとも言える」

「バルセロナはネイマールがいない方が良いチームになるかもしれない。そんなことは誰にも分からないさ」

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
新体制ドルトムント、シュールレ放出の方針を明言…ツォルクSD「彼にオープンに伝えた」
次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する