ネイマール、メッシ以上の影響力...パリSGでエースの座を確立

シェア閉じる コメント
今季公式戦で28得点16アシストを記録

昨夏バルセロナを退団してパリ・サンジェルマンに加入したFWネイマールだが、その決断は正しかったのかもしれない。

ネイマールはバルセロナでFWリオネル・メッシの2番手に甘んじていたことに少なからず不満を抱いていたと言われている。自身がエースになるため、最終的に移籍の決断を下したというのだ。

ネイマールは今季公式戦で28得点16アシストを記録している。これはメッシ(27得点14アシスト)を上回る数字で、ネイマールのチーム内での影響力がバルセロナ時代より増したことを意味している。

パリSGは14日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でレアル・マドリーと対戦する。メッシを超えるため、ネイマールはマドリー撃破に貢献する活躍を見せなければならない。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
井手口陽介の退団にリーズファンから様々な反応「ほとんど知らない」「キャリアを破壊した」
次の記事:
重度の脳損傷で昏睡状態の続いていたアヤックス21歳MF、愛する家族を認識するまで回復
次の記事:
レアル、ロペテギの求めるスペイン代表FW獲得は難航…契約解除金153億円がネックに
次の記事:
レヴァンドフスキ、自らの口でついに残留を宣言!移籍を考えた理由は…
次の記事:
アンデルレヒト森岡亮太のブルサスポル移籍に待ったが…トルコメディアが考える理由とは?
閉じる