ドルトムント指揮官、オーバメヤンの“残留失望”発言にも「そうは見えない」

シェア閉じる コメント
先日、今夏の移籍騒動について口を開いたオーバメヤン。ボス監督は自身の見解を示している。

ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、FWピエール=エメリク・オーバメヤンがクラブで幸せであることを強調している。

オーバメヤンは先日、常々「憧れ」と語っていたレアル・マドリーが自分を求めなかった失望を語った。今夏はドルトムントへの残留が決まり、「もちろん残念だが、残る喜びもある」ともコメントしている。一方でボス監督は、オーバメヤンがドイツで幸せに過ごしていると主張した。

「彼が失望しているようには見えない。ここで幸せなはずだ」

ドルトムントはリーグ戦開幕から5試合で4勝1分け。オーバメヤンも5ゴールを挙げるなど好調に貢献しており、今のところ今夏の“移籍失敗”を引きずっている様子はない。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
スペイン、燻るW杯直前の監督解任劇…サウール「適切なタイミングではなかった」
次の記事:
日本対セネガル、スペイン著名ジャーナリストの見解は…「ともにタレント不足で予想は難しい」
次の記事:
大一番で退場のボアテング、ネビル氏らが痛烈批判「ペップの下でプレーしたからといって…」
次の記事:
ファーディナンド氏が期待する英代表選手とは?「彼の飛躍の大会になる」
次の記事:
スペイン代表DFアルバ「メッシへの批判は理解できない」…バルサ同僚を擁護
閉じる