ドルトムント、夏に向けてダフードを確保…2022年までの契約で合意と正式発表

シェア閉じる コメント
着々と補強を進めるドルトムント。トルコ代表DFトプラクに続き、U-21ドイツ代表MFダフードを獲得した。

ボルシア・ドルトムントは30日、夏に向けてボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)からU-21ドイツ代表MFマフムド・ダフード(21)を確保したことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。

今冬の市場ではリヴァプールやユヴェントスもダフードをめぐる争奪戦に加わったと見られたが、やはり移籍先は昨年の1月以降引き続き興味が伝えられてきたドルトムントに決まった。シリア生まれのミッドフィールダーは夏に5年契約でドルトムントに移籍することになる。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は公式ウェブサイトを通じて、「モー・ダフードは才能に溢れる中盤の中央のためのエキサイティングなプレーヤー。我々は彼をここ数年間細かくチェックしてきており、彼はすでに最高レベルでプレーできることを証明している」と新戦力を歓迎した。

広告

ダフードは2010年にフォルトゥナ・デュッセルドルフからボルシアMGの下部組織に加入し、2015年4月にトップチームでデビュー。これまでリーグ戦52試合に出場して、6ゴール13アシストを記録しており、今後ドイツのフル代表での定着が期待されるプレーヤーだ。

なおドルトムントは来シーズンに向けてすでにトルコ代表DFエメル・トプラクも確保しており、ダフードは2人目の補強となる。

ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
決勝点献上のリンデロフに批判殺到「ユナイテッドではなくIKEAで働くべき」
次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
閉じる