ドルトムント、バーゼルから22歳のDF獲得へ…約30億円でクラブ間合意との報道

シェア閉じる コメント
アカンジのドルトムント移籍が秒読み段階に。選手は既に現地入りとも報じられる。

ボルシア・ドルトムントは、DFマヌエル・アカンジの獲得でバーゼルと合意に至ったようだ。スイス『ブリック』、ドイツ『キッカー』『ビルト』が報じた。

報道によれば、アカンジは13日、バーゼルがスペインで行っているトレーニングキャンプから離れ、ドルトムントへ向かったという。22歳のセンターバックは、ドルトムント行きが最終段階に入ったと伝えられている。

『ブリック』や『ビルト』によると、ドルトムントはこれまで4キャップを記録したスイス代表DFの獲得に向けて、バーゼルとボーナス込みの移籍金2150万ユーロ(約29億円)で合意。また選手本人とも合意に至ったとされる。

また『キッカー』では、マンチェスター・ユナイテッドも同選手に興味を抱いており、オールド・トラッフォードが新天地となる可能性も残っていると指摘。だが、それでもアカンジのドルトムント移籍が成立に向かっていると見ているようだ。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
準優勝も胸を張るクロアチア主将モドリッチ「誇りに思うよ。すべての人に感謝したい」
次の記事:
“王様”ペレ氏が現役復帰!?ムバッペの自身と同じ偉業に「私もスパイクを磨かないと」
次の記事:
アルゼンチン代表、サンパオリとの契約を解除…後任候補にはシメオネやポチェッティーノの名
次の記事:
2022年カタールW杯へ向け…FIFA会長が最高委員会と会談「誰でも親しみやすい大会になる」
次の記事:
ポグバ、フランス20年ぶりW杯制覇に感極まる「改めて感謝したい。言葉がないよ」
閉じる