ドルトムント、バルサ移籍要求のデンベレへの活動停止処分を当面継続「開幕に集中する」

シェア閉じる コメント
バルセロナが獲得に動き出したフランス代表のヤングスター。ドルトムントのカップ戦に続き少なくともリーグ戦開幕節には出場しない見通しとなった。

ボルシア・ドルトムントは13日、ウスマン・デンベレに対する活動停止処分は14日以降も続くことを発表した。

バルセロナが獲得を目指し、ドルトムントに1回目の獲得オファーを断られたデンベレ。それを受け、チームの練習を無断で欠席し、クラブにより12日に行われたDFBポカール1回戦、そして13日までのトレーニングへの出場停止が科されていた。

報道によればクラブの関係者との接触を拒否しているデンベレだが、クラブは活動停止処分を当面継続する決断を発表。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)、ピーター・ボス監督が協議した結果、そう決定されたようだ。

ツォルクSD(スポーツディレクター)はまたクラブの公式ウェブサイトで「我々の焦点は、次週ヴォルフスブルクで迎えるブンデスリーガ開幕に向けて集中することに置かれる」とコメントしつつ、「もちろんウスマン・デンベレはグループとは別に個人トレーニングをすることが許される」と語った。

また発表では、クラブは今回の声明を除き、デンベレの状況については言及しないことが強調されている。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ミラン、逆転で新シーズンのEL出場権獲得!1年間の出場停止処分が覆る
次の記事:
19歳クライファートJrがローマで意気込み「父の足跡をたどる。イタリアで成長を」
次の記事:
露クラブ、黒人選手との契約にサポーターが反発…6日後に契約破棄
次の記事:
プランデッリ氏、ナポリのアンチェロッティ招へいに感銘「天才的」C・ロナウド移籍も歓迎
次の記事:
チェルシー、クルトゥワの後釜候補3選手とは?19歳の伊代表GKドンナルンマをリストアップか
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する