トッテナム指揮官がケインら主力の残留に自信…トロフィー獲得への挑戦も明言

シェア閉じる コメント
トッテナムのポチェッティーノ監督はケインの去就について何も心配していないようだ。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がハリー・ケインの去就について言及した。

トッテナムは18日、プレミアリーグ第34節延期分でレスター・シティと対戦し、6-1の勝利を飾った。ケインはこの試合で4得点を記録。今季通算26ゴールとし、プレミアリーグの得点ランキングで首位に立った。最終節を前に、2季連続での得点王獲得に前進した。ケインの去就について様々な可能性が報じられているが、指揮官は以下のようなコメントを残している。

「我々は残したい選手を残し、売りたい選手を売るだろう。キープレーヤーに関して心配はない。彼らはここで満足している。素晴らしいプロジェクトを進められているし、ハリーのような選手も出ていく理由はないよ」

「過去数シーズン、チームはプレーの質で大きく成長した。チームは毎シーズン発展しようとしている。そして、来シーズンや、その次に迎える新スタジアムで過ごすシーズンでは、パフォーマンスをキープすることだけでなく、トロフィー獲得にも挑みたい」

指揮官はチームのエース残留に自信を見せた。ケインは今シーズンも得点王に輝くことはできるだろうか。ランキングで2位に位置しているロメル・ルカクとの差は2点となっている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ボヌッチが前半で一発退場…ミラン、スコアレスドローで公式戦4試合未勝利に/セリエA第9節
次の記事:
【動画】エジル&サンチェス揃い踏みのアーセナル、10人のエヴァートンに逆転勝ち/プレミアリーグ第9節
次の記事:
デウロフェウ、マラガ戦の疑惑ゴールに「僕は正当だと思い続ける」
次の記事:
5連勝と好調のバレンシア、マルセリーノは「幸福感によって道を踏み外すことはない」
次の記事:
「どうしても汚名返上したかった」長友佑都、ナポリとの一戦にかけた思いを綴る
閉じる