データで見るEL決勝…グリーズマンの好調とマルセイユの勝負良さ

コメント

ヨーロッパリーグ(EL)が16日に行われた。データサイト『Opta』で見る一戦はどのようなものだったのだろうか。

大一番の決勝ではアトレティコ・マドリーが、エースのアントワーヌ・グリーズマンの2得点などで3-0と完勝。2009-10シーズン以来3度目の優勝を決め、ELではセビージャと並び、最も成功を収めたクラブとなっている。

また、マルセイユは直近3回の欧州カップ戦の決勝で、いずれもゴールなしで敗れており、またも勝負弱さを垣間見せることとなった。

2ゴールを挙げたグリーズマンはELでの得点関与数を12に伸ばした。今シーズンは全公式戦でアトレティコの全94ゴールのうち45%に関与しており、好調をキープしたままロシア・ワールドカップへと臨む。

なお、アトレティコGKのヤン・オブラクは今季の欧州カップ戦で7度のクリーンシートを記録。これは他のどのキーパーよりも多い数字であった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる