デウロフェウ、マラガ戦の疑惑ゴールに「僕は正当だと思い続ける」

シェア閉じる コメント
バルセロナで「重要な存在と感じられる」とも。

21日のリーガエスパニョーラ第9節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのマラガ戦を2−0で制した。この試合の先制点を決めたMFジェラール・デウロフェウは、それが「正当な」ゴールであったことを強調している。

デウロフェウはこの試合の2分に先制点を記録。しかしアシストしたDFリュカ・ディーニュが、すでにゴールラインを割ったボールを内に折り返していた可能性がある。試合後にスペイン『Beinスポーツ』とのインタビューに応じたデウロフェウは、この疑惑について次のような見解を示した。

広告

「自分にとってそのゴールは正当なものだ。僕はそう思い続けるよ。マラガはうまく守っていたが、重要なのは勝ち点3を獲得したことにほかならない」

今夏に下部組織から過ごすバルセロナに出戻ったデウロフェウ。心のクラブで、しっかりとした手応えをつかんでいるようだ。

「3試合続けて良いプレーを見せられた。自分が重要な存在なんだと感じられるよ。本当に素晴らしいことだね」

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる