テベスは「太りすぎ」…上海申花指揮官、グアリンとともに起用見送りを明言

シェア閉じる コメント
中国リーグで世界トップクラスのサラリーをもらっているとされるテベス。しかし、コンディションは万全から程遠く、同選手は新監督からの信頼も失いつつあるようだ。

負傷による離脱から復帰した上海申花のFWカルロス・テベスについて、チームのウ・ジンギ監督は、当面のところ起用を見送る意向であることを明かした。

テベスは8月中旬よりアルゼンチンに帰国しており、母国で治療を続けていたとされる。しかし、9月10日に行われた河南建業との一戦では後半より途中出場したものの、コンディションはベストの状態から程遠く、地元サポーターから大ブーイングを浴びていた。

ウ監督は「テベスはこれから状態が戻るまで、私がピッチに送り出すことはしないだろう。彼はそもそも、ピッチでプレーできる状況ではない」と発言。

「私が思うに(フレディ)グアリンとともに、テベスは太り過ぎた」

10日の試合に敗れたことで、上海申花はグスタボ・ポジェ監督を更迭。後任にウ・ジンギ監督を招へいしたが、テベスは現状で構想外となっているようだ。

テベスは週給65万ポンド(約9500万円)にも及ぶ高額なサラリーをもらっているにもかかわらず、ここまで中国リーグで11試合2ゴールと本領を発揮できずにいた。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
次の記事:
リーガ会長が考えるC・ロナウドのイタリア移籍の理由「多くのお金を稼ぐことになる」
次の記事:
ミラン、逆転で新シーズンのEL出場権獲得!1年間の出場停止処分が覆る
次の記事:
19歳クライファートJrがローマで意気込み「父の足跡をたどる。イタリアで成長を」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する