テオ、レアル・マドリーでのニックネームは“飛行機”...チームメート驚かす強靭なフィジカルに由来

シェア閉じる コメント
アトレティコ・マドリーを離れて禁断の移籍を果たしたテオ・エルナンデス

レアル・マドリーの選手たちは、DFテオ・エルナンデスに“飛行機”というニックネームを付けているようだ。

今夏移籍金2600万ユーロ(約33億円)でアトレティコ・マドリーから“禁断の移籍”を果たしたテオ。ジネディーヌ・ジダン監督は同選手加入当初、その強靭なフィジカルへの驚きを隠さなかったという。

マドリーで若手選手の中心となっているMFルーカス・バスケス、マルコ・アセンシオ、FWボルハ・マジョラルは、テオに飛行機というニックネームを授けた。それも同選手の圧倒的なフィジカルに由来しているとされる。現在肩の負傷で戦列を離れているテオだが、早ければ14日のリーガエスパニョーラ第8節ヘタフェ戦で復帰する見込みだ。

ジダン監督は今季、DFマルセロとテオを左サイドに据える、ダブルサイドバックを試している。フランス人指揮官は今後も同様の戦術を用いる意向だとされ、19歳DFへの期待は大きいとみられる。

次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
次の記事:
モウリーニョ「選手は会見で低調だった理由を説明すべき」...今季初黒星に不満爆発
閉じる