チェルシー戦の勝利を喜ぶペップ「9人がボックスにいる相手を崩すのは難しいが…」

シェア閉じる コメント
ビッグマッチに勝利したスペイン人指揮官は優勝に近づいたと語った。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チェルシー戦のパフォーマンスを“パーフェクト”と話した。

4日に行われたプレミアリーグ第29節で、マンチェスター・Cはホームでチェルシーと対戦。終始試合を支配したシチズンズは、ベルナルド・シウバのゴールで1-0と勝利した。

試合後、グアルディオラ監督は『スカイスポーツ』に対し、守備的なチェルシーに苦しんだと認めるつつ、パフォーマンスを称賛した。

「ほとんど全員が自陣に引く王者チェルシーは非常に組織されていたが、彼らにチャンスを与えなかった。我々は勝利するだけに十分なチャンスを作っていたし、プレッシングやビルドアップもうまくいっていたね。チャンピオンに大きく近づいたと言えるだろう。我々は満足している。完璧な出来だった」

「カウンターに警戒しなければならなかった。(エデン)アザール、ウィリアンら俊敏な選手がいるが、上手く対処し、誰も余計なタッチをせずに素早くボールを回した」

「9人もの選手がボックス内で守備をするチーム相手に戦うことは簡単ではないし、チャンスを作る工程も複雑だ。マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナ相手にチャンスを作っていたチェルシーに何もさせなかったので、我々は素晴らしいパフォーマンスだったといえるだろう」

翌日に試合を控えるマンチェスター・Uとは、19ポイント差となった。それでも、グアルディオラ監督は気を緩めていない。

「チャンピオンに大きく近づいたが、まだ何も成し遂げていない。依然としてタイトルレースは我々の手中にある。もう一度仕切り直して、取り乱さないようにしなければならない」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
F・トーレスという人間…誠実かつ真面目で練習の虫、Jリーグで成功できると断言できる理由
次の記事:
鳥栖のF・トーレスはベンチスタート!“神の子”が仙台戦でJリーグデビューへ
次の記事:
W杯落選のサネ、ドイツ代表指揮官との遺恨なし「十分な説明があった」
次の記事:
神戸・イニエスタが湘南戦でベンチ入り!世界的スターの出番はあるか
次の記事:
31歳GKハート、シティからの移籍を志願「新しいキャリアを始める必要がある」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する