セレッソ大阪が若手メルボルンFWを獲得か…5月にはトライアルに参加

コメント
メルボルン・ビクトリーFWピアース・ウォーリングのセレッソ大阪移籍が目前に迫っているようだ。

メルボルン・ビクトリーFWピアース・ウォーリングのセレッソ大阪移籍が目前に迫っている。『Goal』の取材で明らかとなった。

オーストラリア代表としてU-17ワールドカップに出場経験のある19歳のストライカーは、2016-2017シーズンのナショナルユースリーグ(Aリーグ所属クラブを対象としたユース兼リザーブチームが参加する大会)で得点王を獲得。

今年2月にケヴィン・マスカット監督の下でプロデビューを果たすと、4月にはAFCチャンピオンズリーグの上海上港戦で初の先発出場。この試合で初ゴールをマークし、チームの勝利に貢献していた。

母親が日本人のため日本国籍を保有しているオーストラリア人FWは、5月にC大阪のトライアルに参加していた。

Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「何のレッドカード?」C・ロナウド退場に現役選手やOBから疑問の声続出
次の記事:
「ペップがベンチにいても…」ホームで敗戦のマンチェスター・C、コーチが指揮官不在の影響を否定
次の記事:
リヨンFWデパイ、マンチェスター・C撃破に興奮「このチームを誇りに思う」
次の記事:
マンチェスター・Cのホーム黒星に…ストーンズ&B・シウヴァ「フラストレーションの残る結果」
次の記事:
レアル本拠地ベルナベウで響き渡る「モドリッチにバロンドールを!」イスコも賛同
閉じる