セレッソ大阪が若手メルボルンFWを獲得か…5月にはトライアルに参加

シェア閉じる コメント
メルボルン・ビクトリーFWピアース・ウォーリングのセレッソ大阪移籍が目前に迫っているようだ。

メルボルン・ビクトリーFWピアース・ウォーリングのセレッソ大阪移籍が目前に迫っている。『Goal』の取材で明らかとなった。

オーストラリア代表としてU-17ワールドカップに出場経験のある19歳のストライカーは、2016-2017シーズンのナショナルユースリーグ(Aリーグ所属クラブを対象としたユース兼リザーブチームが参加する大会)で得点王を獲得。

今年2月にケヴィン・マスカット監督の下でプロデビューを果たすと、4月にはAFCチャンピオンズリーグの上海上港戦で初の先発出場。この試合で初ゴールをマークし、チームの勝利に貢献していた。

母親が日本人のため日本国籍を保有しているオーストラリア人FWは、5月にC大阪のトライアルに参加していた。

Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
恐喝事件以降フランス代表から干されたベンゼマ、母国のW杯優勝を祝福「みんな、おめでとう」
次の記事:
主将ロリス、W杯決勝でまさかのミスも「大きな問題ではない」…優勝には感傷的
次の記事:
準優勝も胸を張るクロアチア主将モドリッチ「誇りに思うよ。すべての人に感謝したい」
次の記事:
“王様”ペレ氏が現役復帰!?ムバッペの自身と同じ偉業に「私もスパイクを磨かないと」
次の記事:
アルゼンチン代表、サンパオリとの契約を解除…後任候補にはシメオネやポチェッティーノの名
閉じる