セビージャ、ノリート獲得でシティと基本合意に達したことを発表! 来日の可能性は?

シェア閉じる コメント
16日にセビージャでメディカルチェックを受ける予定。

セビージャは15日、FWノリート(30)獲得に関してマンチェスター・シティと基本合意に至ったことを発表した。

セビージャは公式HPで、次のような声明を伝えている。

「セビージャとマンチェスター・シティはノリートことミゲル・アグード・ドゥランの移籍について基本合意に達しました。選手はメディカルチェックを受けるため、日曜(16日)にセビージャに到着します」

バルセロナ(主にBチーム)、ベンフィカ、グラナダ、セルタでプレーしてきたノリートは、3年間在籍したセルタでの活躍により昨夏の移籍市場でマンチェスター・シティに加入。しかしながらバルセロナでも指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、出場機会に恵まれることはなかった。

そんなノリートに目をつけたセビージャは、移籍金として900万ユーロを支払うことで、シティとの交渉を合意に導いたとされる。ノリートの年俸について、契約1年目はシティと同じ年俸額を維持し、2~3年目はクラブの基準に合った年俸額に設定し直すようだ。

なお現在、日本に滞在中のセビージャだが、ノリートの合流時期は明らかになっていない。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
主将、酒井高徳が語るHSVの現状とは…「常に100%じゃないと勝つことができない」
次の記事:
DF昌子源、ノーファウルにこだわる…引き分けは考えず「勝って優勝決める」
次の記事:
中国戦で打撲のFW伊東純也、韓国戦へ意欲「痛いけど、できると思います」
次の記事:
シメオネ「グリエズマンの移籍を認めるだろう」移籍禁止明けの1月に争奪戦が再開か
次の記事:
今野泰幸、E-1優勝へ向け気合十分「2位だったら何も残らない」
閉じる