セビージャ、サンパオリ後釜としてセルタ監督ベリッソの招へいに動く

シェア閉じる コメント
サンパオリ路線継続のため、ビエルサ派の監督を狙う。

セビージャは、今季限りで同クラブを離れる見込みとなったホルヘ・サンパオリ監督の後釜として、セルタのエドゥアルド・ベリッソ監督の招へいに動いているようだ。スペイン『ラディオ・セビージャ』が報じている。

サンパオリ監督がアルゼンチン代表を率いることが既定路線となり、セビージャはその後任の招へいに動き出している。『ラディオ・セビージャ』によれば、同クラブのオスカール・アリアスSD(スポーツディレクター)は26日に、マドリッドでベリッソ監督と交渉を行った。

広告

ベリッソ監督はセルタと今季限りまで結んでいる契約を延長することなく、6月限りでフリーとなる。サンパオリ監督の同胞で、同指揮官が信奉するマルセロ・ビエルサ監督のアシスタントを務めていたことでも知られる。

セビージャはほかにも後任候補をピックアップしているようだが、現在のチームづくりの方針を継続するため、まずはベリッソ監督の招へいを目指すようだ。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ユヴェントス加入のC・ロナウドが入団会見!「歴史を作りに来た。CL制覇のためにベストを尽くす」
次の記事:
ジダンがネイマール獲得を望まなかった理由…「マルセロとは共存できないと考えていた」
次の記事:
クルトゥワ&アザールの獲得狙うレアル・マドリー、アザール獲得交渉は長期戦か…移籍金はネイマールと同額
次の記事:
ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」
次の記事:
フランス代表、帰国後にパレードを予定…警察当局は2000人体制で警備
閉じる