スペイン代表選手の到着を熱望するペレス会長...レアル・マドリーがビルバオGKケパ獲得に本腰か

シェア閉じる コメント
アスレティック・ビルバオとの契約延長交渉は進んでおらず

レアル・マドリーは、アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガ獲得に本腰を入れ始めている。スペイン『マルカ』が報じた。

ビルバオと2018年6月30日まで契約を残しているケパだが、現所属クラブとの契約交渉は遅々として進んでいない。ビルバオ側は選手に年俸300万ユーロを提示し、契約解除金を7500万ユーロまで引き上げる考え。しかしケパは首を縦に振っていない。

マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、かねてからスペイン代表選手の獲得を欲してきた。マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアへの関心は以前から知られるところ。近年の補強においてはMFイスコ、マルコ・アセンシオ、ダニ・セバジョスと国内の若きタレントを手中に収めてきた。

また、ジネディーヌ・ジダン監督はケパ獲得を好意的に捉えている様子だ。コスタリカ代表GKケイロール・ナバスと2020年夏まで契約を結んでいるマドリーだが、ケパを獲得したとしてもK・ナバスを放出する考えはなく、代表級の守護神を2人抱えて来季からのシーズンに備える意向だとされる。

次の記事:
宿敵モウリーニョとの対決をコンテは意識せず…試合後の握手については明言を避ける
次の記事:
セルタ戦の乾貴士、スペインメディアは決定力不足を指摘「理解しかねる枠外シュート」
次の記事:
古巣との試合を控えるモウリーニョ「チェルシー戦の意味は年々薄れている」
次の記事:
クロップ「みんなが見ていて楽しい試合」快勝で暫定2位浮上に喜び
次の記事:
【本日最終日】DAZN2ヶ月無料キャンペーン!Jリーグ開幕週限定│2月25日終了
閉じる