スペイン主要メディア、マラガ戦の乾貴士に辛口評価「ほとんど試合に参加していなかった」

シェア閉じる コメント
乾は72分に途中交代

22日に行われたリーガエスパニョーラ第20節マラガ戦(1-1)で先発出場したエイバルMF乾貴士だが、スペイン主要メディアからは厳しい評価を受けている。

エイバルは17分にマラガFWエン・ネシリにゴールを許して先制点を献上。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は72分に乾を下げてMFベベを投入し、すると76分にそのベベのクロスからFWキケ・ガルシアがシュートを放って同点に追い付いた。

23日付のスペイン紙『マルカ』は、評価採点で乾に1点を付けた(最高点は3点)。寸評には、「日本人ウィングはほとんど試合に参加していなかった」と記されている。

両チーム通じての最高点はマラガGKロベルト・ヒメネス(3点)に与えられた。エイバルではMFファビアン・オレジャーナ(2点)、キケ・ガルシア(2点)がベストプレーヤーとなっている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する