スペインが強さ見せつけコスタリカを粉砕…アルゼンチンはロシアに辛勝

シェア閉じる コメント
親善試合が各地で行われた。

11日に各地で国際親善試合が行われた。アルゼンチンは敵地でロシアと、スペインはホームでコスタリカと対戦している。

アルゼンチンは来年のワールドカップ開催国であるロシアと対戦。ホルヘ・サンパオリ体制では初となる先発出場を果たしたセルヒオ・アグエロが終了間際に決勝弾を押し込み、勝利をもたらした。なお、リオネル・メッシは先発したものの、ゴールはなし。フル出場した後、休養により代表を離脱することが発表されている。

一方、スペインはマラガでコスタリカを5-0と粉砕。開始早々にジョルディ・アルバが先制点を挙げると、23分にはアルバロ・モラタが追加点。後半に入っても攻撃の手を緩めず、ダビド・シルバ、アンドレス・イニエスタがネットを揺らした。

なお、スペインはユーロ2016のイタリア戦を最後に負け知らず。ユーロ終了後から就任したフレン・ロペテギ監督は無敗街道を歩み続けている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ゾラがサッリ体制のコーチとしてチェルシーに復帰「選手時代と同様にベストを尽くす」
次の記事:
ベティスMFホアキン、乾貴士の加入を歓迎「スペイン語で話して…日本語は難しい」
次の記事:
「若いエイリアンを初めて見た」W杯優勝に貢献の19歳ムバッペを代表同僚のヴァランが大絶賛
次の記事:
今夏積極補強のウェスト・ハムが武藤嘉紀獲得へ動き出す…ニューカッスルと一騎打ちへ
次の記事:
香川真司、ドルトムントから今夏の退団も? クラブが中盤の刷新を計画中と現地報道
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する