スソ、闘将の下で生まれ変わったミランに驚き「こんなロッカールームの雰囲気は久々」

コメント
スペイン出身のFWスソが自身やミランの現状について語った。

ミランに所属するスペイン人FWスソが15日、ミラン公式ウェブサイトのインタビューに応じ、現在のチーム内の雰囲気を伝えた。

ミランは昨夏、大型補強を敢行したが成績が振るわず、11月に前任の指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが解任された。これを受けて、下部組織プリマヴェーラからOBのジェンナーロ・ガットゥーゾが指揮官に昇格。ミラン黄金期を代表する選手の1人であった闘将の下でチームは生まれ変わり、調子を上げた。スソ自身もロッカールーム内の変化を感じているという。

「監督とは良い関係を築けている。チームの団結は重要だと思う。こんなロッカールームの雰囲気は、しばらく感じたことがなかった」

スソは、2015年1月にリヴァプールからミランへ加入した。しかし当時は、日本代表MF本田圭佑とのポジション争いで優位に立てず、苦しい日々が続いた。その後、ジェノアへのレンタル移籍を経てミランへ復帰。今度は本田からポジションを奪い、レギュラーに定着した。24歳のスペイン人FWは近年、大きく成長することができたと実感している。

「僕はここに来てから、かなり成長できた。最初は困難な時期もあった。でもジェノアへレンタルされて戻って来て、ミランに相応しい選手であることを証明できたのではないかと思う」

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる