ジダン「ゴールだけが足りない」不調に苦しむベンゼマを擁護

シェア閉じる コメント
レアル通算100勝目を挙げた指揮官は、不調に苦しむベンゼマを見放していないようだ。

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は不調が続くFWカリム・ベンゼマを擁護した。

ベンゼマは15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節マラガ戦にフル出場。チームは2-1で勝利したものの、ガレス・ベイルやクリスティアーノ・ロナウドなどを欠いたチームでエースとしての役割を期待されるも無得点に終わった。

今季わずかリーグ戦で5得点のみと期待された活躍を見せることができていないフランス代表FWについて、この試合でレアル通算100勝目を挙げた指揮官はまだ見放していないようだ。

「カリムはタオルを投げたりはしない。もちろん彼はゴールを奪いたいと思っているし、そのチャンスはある。彼に今欠けているものはゴールのみだ。この点においては彼にとって厳しい1年になっているが、続けていくしかない」

次の記事:
広島MF青山敏弘、3年ぶり日本代表選出も「集中するのが難しい試合だった」と反省
次の記事:
中島翔哉、ロシアW杯へ武藤らにエール…3月欧州遠征時の知られざる逸話も
次の記事:
ジダン次男がレアル・マドリーでデビュー「ピッチに立つ僕はジダンではなくルカ」
次の記事:
鹿島DF昌子源「2次攻撃をさせている」…守備面の課題を指摘
次の記事:
川崎F・MF大島僚太、西城秀樹さんに感謝「僕が入る前から盛り上げてくれた」
閉じる