シャビ、スペイン代表の電撃監督交代を支持「連盟が何よりも上」…W杯では優勝候補と強調

シェア閉じる コメント
ロシア・ワールドカップ開幕前日に、ジュレン・ロペテギ監督を解任したスペイン。同国のレジェンドであるシャビ・エルナンデスは、指揮官交代を支持している。

ロシア・ワールドカップ開幕前日に、ジュレン・ロペテギ監督を解任したスペイン。同国のレジェンドであるシャビ・エルナンデスは、指揮官交代を支持している。スペイン『ラディオ・マルカ』が伝えた。

ロペテギは12日、来シーズンからレアル・マドリーの指揮を執ることが発表された。しかし、同氏は5月にスペイン代表との契約を2022年まで延長したばかり。この一連の行動に、スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長が激怒。「今回の彼の行動は受け入れられない」として、ロペテギは大会開幕目前で職を追われることとなった。

スペインは15日に初戦でポルトガルと対戦。2日前での電撃解任となったが、シャビは決断を支持している。

「ロペテギの決定は時機を逸している。思いがけない、軽率な決断だ。全員にとって驚きだった。しかし、ルビアレスは素晴らしい対応を見せた。まず、誰よりも上に位置すべき連盟のことを考えてくれた」

「(レアルの動きについて)僕はマドリーの現状について意見を言う立場の人間じゃない。でも、元バルセロナの選手として、連盟は素晴らしい決断を下したと思っている」

後任には、RFEFのSDを務めていたフェルナンド・イエロ氏が就任。シャビは新指揮官への期待を述べつつ、「スペインは優勝候補」と強調している。

「イエロは代表監督を務められる人物だ。2010年W杯の最初の試合、スイス戦を0−1で落としたときには、僕たちの大きな助けとなってくれた」

「理想的な状況ではないが、代表チームに影響がないことを願っている。グループ内には、こうした状況をうまく扱える選手たちがいる。代表チームの成功を祈っているよ。スペインは今なお、このW杯の確固とした優勝候補だ」

ポルトガルと対戦した後、スペイン代表は20日にイラン、25日にモロッコと激突する。緊急事態の中、“ラ・ロハ”は2010年以来の優勝を果たせるだろうか。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
鹿島FW土居聖真「勢いそのままに点を取り続けていきたい」…圧巻のゴールショーを振り返る
次の記事:
元チェルシーのテリーが現役引退へ…アンリ氏の後釜として解説者に転身か
次の記事:
ベジクタシュ、香川真司のレンタルを希望か…エース抜けドルトムントへ3億円オファー
次の記事:
モウリーニョ、新キャプテンにバレンシアを指名へ…引退したキャリックの後釜に
次の記事:
「ファウルをした選手よりも受けた選手を批判する」ネイマールが語った不満
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する