シメオネ、チーム管理が最も難しかったのは「補強ができなかったとき」

シェア閉じる コメント
エイバル戦前日会見

13日のリーガエスパニョーラ第19節、アトレティコ・マドリーは敵地イプルアでのエイバル戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、イプルアのような狭いピッチでは、守備から攻撃のトランジションが鍵を握るとの見解を示している。

「エイバルは興味深いフットボールを実践しているね。コンパクトにまとまり、良質な2トップと良い飛び出しを見せるサイドの選手がいる。私たちのアイデアは明確で、守備から攻撃のトランジションをうまく扱っていきたい。あそこのピッチでは、それが決定的な要素となる」

この冬にFIFAの補強禁止処分が解除され、FWジエゴ・コスタ、MFビトロを加えたアトレティコだが、シメオネ監督は処分中のチーム管理が困難なものであったことを告白した。

「私にとって最も難しかったのは、補強ができなくなり、所属する選手たちを説得しなければならなかったことだった。偉大な選手たちには成長を続けることを促し、若手には訪れるチャンスを逃してはならないと説いたよ。現在は、大切な選手たちをしっかりと扱っていかなければならない」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ユナイテッドの水が合わないポグバ、C・ロナウド加入のユヴェントス復帰を希望
次の記事:
アトレティコでオブラクとの正GK争いに臨むアダン「簡単な道もあったが、世界最高の一クラブ加入を選んだ」
次の記事:
バルセロナ、バレンシアの司令塔パレホの獲得を検討か…契約解除金は5000万ユーロ
次の記事:
ナポリ会長、スペイン代表FWロドリゴへの興味を認める「良い選手であることは否定できない」
次の記事:
鎌田大地、キャンプ前の練習試合でメンバー外に…地元紙「フランクフルトでの先行きが暗い」
閉じる