サウサンプトン吉田麻也、先発フル出場で無失点達成も決定機外し“悔やまれるドロー”に

シェア閉じる コメント
プレミアリーグ開幕戦でクリーンシートを達成した吉田麻也とサウサンプトンだったが、勝ち点3を獲得できず。

まさに”悔やまれるドロー”といったところか。

プレミアリーグ開幕戦が12日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはスウォンジーと対戦した。試合は0−0のスコアレスドローに終わり、吉田はフル出場を果たした。

開幕戦で先発フル出場し、クリーンシートを達成したのだから悪い結果ではない。吉田個人としては不用意なパスミスが何度かあったものの、致命的なミスはなく、終始安定して相手を押さえ込んでいた。

しかし、勝てるチャンスがあったことを考慮すれば、「勝ち点2を落としたドロー」という解釈もできる。

まずは37分、相手ゴール中央でフリーになった吉田はバイシクルシュートを放った。惜しくもゴール右にそれたが、得点の匂いを感じさせるシーンとなった。

そして迎えた79分、左サイドからクロスボールが上がると、味方がそらしたボールが吉田の前へ。ゴールから数メートルしか離れていない場所からヘディングシュートを放った。だが、枠を捉えることができずに先制のチャンスを逃してしまった。

さらにアディショナルタイム、サウサンプトンは相手ゴール前でFKのチャンスを得ると、キッカーは吉田麻也。右足から放ったボールは相手の壁を越えたが、惜しくもサイドネットにあたり、ゴールとはならなかった。

DFながら複数回のチャンスを迎え、いずれもあと一歩のところで決めきれなかった。ポジションを考慮すれば得点を求めるのは酷であるものの、2度3度決定機を迎えていただけに、少々悔やまれる結果となっている。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
テレビ解説のラモス氏、韓国に完敗の日本代表に怒り「魂のない試合」
次の記事:
アトレティコ会長が断言「フットボールはビジネス。感情は失われるべき」
次の記事:
屈辱に終わった“日韓戦”…ホームでの4失点は初対戦以来63年ぶり
次の記事:
E-1選手権で主将任命の昌子源、アジアレベルを肌で感じる「キャプテンとして未熟な3試合だった」
次の記事:
日本代表・ハリルホジッチ監督「韓国の方が格上だった」…先制した後のプレーに疑問
閉じる