コンテ「私は全力を尽くしている」解任のうわさ浮上も巻き返しに意欲

シェア閉じる コメント
チェルシーはリーグ3位に付けているが、首位マンチェスター・Cから勝ち点差で16もの大差を付けられている状況だ。解任のうわさが浮上しているコンテ監督がコメントを発している。

プレミアリーグ第22節消化時点で、チェルシーは14勝4分け4敗の3位に付けている。マンチェスター・シティが無敗で首位を独走しているため、チェルシーは優勝争いから勝ち点差で16引き離されており、アントニオ・コンテ監督が更迭されるのではないかとのうわさも浮上していた。だが、コンテ本人は記者の前で次のように述べている。

「私はチェルシーですべきことを全力で取り組んでいる」

「全力を尽くしているし、これまでやってきた功績も十分なものだと思っている。何より、今ここで指揮していることが幸せだと認識しているよ」

途中解任のうわさも浮上し、後任候補にはマッシミリアーノ・アッレグリ、ルイス・エンリケが浮上していることを記者に問われると、「この世界は、常に何が起こっても不思議ではない」と発言。チェルシー幹部の判断に委ねる意向であることを明かした。

チェルシーは13日、第23節でレスターとのホーム戦を迎える。優勝争いに踏みとどまるためにはホームでの勝ち点取りこぼしは許されない状況だ。背水の陣となっているチェルシーとコンテはいかなる内容で勝利を目指すのか、注目されるところだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
次の記事:
日本代表DF遠藤航、ベルギー1部クラブ移籍へ基本合意…関根や冨安と同僚へ
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する