コンテ「私は全力を尽くしている」解任のうわさ浮上も巻き返しに意欲

シェア閉じる コメント
チェルシーはリーグ3位に付けているが、首位マンチェスター・Cから勝ち点差で16もの大差を付けられている状況だ。解任のうわさが浮上しているコンテ監督がコメントを発している。

プレミアリーグ第22節消化時点で、チェルシーは14勝4分け4敗の3位に付けている。マンチェスター・シティが無敗で首位を独走しているため、チェルシーは優勝争いから勝ち点差で16引き離されており、アントニオ・コンテ監督が更迭されるのではないかとのうわさも浮上していた。だが、コンテ本人は記者の前で次のように述べている。

「私はチェルシーですべきことを全力で取り組んでいる」

「全力を尽くしているし、これまでやってきた功績も十分なものだと思っている。何より、今ここで指揮していることが幸せだと認識しているよ」

途中解任のうわさも浮上し、後任候補にはマッシミリアーノ・アッレグリ、ルイス・エンリケが浮上していることを記者に問われると、「この世界は、常に何が起こっても不思議ではない」と発言。チェルシー幹部の判断に委ねる意向であることを明かした。

チェルシーは13日、第23節でレスターとのホーム戦を迎える。優勝争いに踏みとどまるためにはホームでの勝ち点取りこぼしは許されない状況だ。背水の陣となっているチェルシーとコンテはいかなる内容で勝利を目指すのか、注目されるところだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ライプツィヒ、トップ出場歴なしの16歳を最大34億円で確保へ…ベンフィカの逸材が加入間近
次の記事:
アーセナルOB、ライバルに助言「チェルシーにとってジルーは最高のオプション」
次の記事:
2発の武藤嘉紀、リーグ公式に続き独誌ではMOM&ベストイレブンに…「勝利の立役者」
次の記事:
アンチェロッティが最後に残した功績…バイエルンの宝となったハメス
次の記事:
ヴェンゲル、巨額契約を選んだサンチェスに恨み節「トップレベルとして最後の契約になるかも」
閉じる