コバチのバイエルン監督就任に地元紙は落胆…アンケートでも意外な結果に?

シェア閉じる コメント
コバチのバイエルン監督就任には賛否両論?

ドイツメディアがニコ・コバチのバイエルン・ミュンヘンの新監督に就任することに対して、様々なリアクションを取っている。

フランクフルトを率いるコバチは、7月1日からバイエルンと3年間の契約を結んだことが発表された。かねてよりクラブOBに目をつけていたバイエルンは、ようやくユップ・ハインケスの後任を見つけることに成功している。

一方で、ここ数シーズンフランクフルトの躍進のカギとなっていた指揮官のステップアップに、地元紙は様々な意見を述べた。

『ヘッセンシャウ』は「コバチはフランクフルトのファンに愛され、まさしく目標を目指している最中であること」を指摘し、見出しには「コバチ、自らの価値を危機にさらす」と打った。『フランクフルター・アルゲマイネ』では「バイエルンにはまる唯一のピース」と紹介。記者は「後味が悪いもの」になったことを認めつつ、監督の決断には理解を示した。

また、『ツァイト』では「小さな解決策」と落胆。「彼でもドイツ王者になれるだろうが、バイエルンの決断にはがっかり」とこき下ろした。一方で、『ターゲスシュピーゲル』は「勇気ある解決策」と若き指揮官を抜擢したバイエルンを称賛している。

『Goal』ドイツ編集部ではFacebookでアンケートを実施。5000票以上が投票され、6割が賛成、4割が反対という意外な結果となっている。

次の記事:
PSG退団の可能性が取りざたされるネイマール、母親は「早くパリを去るべきだと思った」
次の記事:
C・ロナウド、リヴァプールの攻撃陣と“BBC”を比較...「数年前の自分たちを思い起こさせる」
次の記事:
クロップ、レアル・マドリー撃破に自信「簡単な試合になると考えるのは間違い」
次の記事:
「1兆ユーロを積まれてもムバッペは売らない」...PSG会長が放出を否定
次の記事:
ジダン、リヴァプールを警戒も「彼らの方がハングリーだということはない」
閉じる