コウチーニョ、バルサ移籍に近づく...リヴァプールは移籍金総額196億円を前に交渉か

シェア閉じる コメント
先のバーンリー戦を負傷欠場したコウチーニョ

バルセロナが、リヴァプールMFフィリペ・コウチーニョ獲得に近づいているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

コウチーニョは1日に行われたプレミアリーグ第22節バーンリー戦を負傷欠場した。これが移籍に向けた暗示ではないかと憶測を呼んでいる。

また、ナイキ社は先日、コウチーニョのネーム入りバルセロナユニフォームを誤って販売。この行動にリヴァプール側が憤り、法的措置を講じる可能性が浮上している。

だがリヴァプールは、この夏ほど頑なにコウチーニョの放出を拒んでいるわけではなさそうだ。バルセロナとの交渉を受け入れる姿勢を示しているとされ、移籍金1億5000万ユーロ(約196億円)でのコウチーニョ売却を考慮しているという。

バルセロナは固定額1億1000万ユーロ+ボーナス4000万ユーロのオファーをリヴァプールに提示している模様だ。早ければ近日中に何らかの動きがあるとみられている。

次の記事:
7月の最終金曜日は味スタへ!FC東京vs長崎戦の観戦チケットをペア5組様にプレゼント!
次の記事:
アイスランド指揮官が辞任…EURO躍進、W杯初出場の快挙
次の記事:
「フランスはフットボールをしなかった」「僕らの方が良かったから失望」クロアチア代表DFロヴレンが嘆く
次の記事:
槙野智章が伊誌のW杯髪形イケメンベスト5に選出「エレガントな東洋のDF」
次の記事:
カンテ交代の本当の理由か…病気を抱えて出場していたと仏紙
閉じる