「ケインはトッテナムの現在と未来」ポチェッティーノが決勝点のエースを大絶賛

シェア閉じる コメント
イングランド代表FWケインの決勝ゴールで、トッテナムがノースロンドンの宿敵アーセナルを下した。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、決勝点を挙げたハリー・ケインを“クラブの現在と未来”と称えている。

10日に行われたプレミアリーグ第27節でトッテナムはアーセナルと対戦。0-0で迎えた49分、ベン・デイヴィスのクロスをケインが頭で合わせ、先制点をマークする。このゴールが決勝点となり、トッテナムが“ノースロンドンダービー”を制し、暫定ながら3位に浮上した。

試合後、宿敵を下したポチェッティーノ監督は「ハリーはトッテナムの現在と未来だ。これまでも素晴らしいことを成し遂げている彼が我々のチームにいることは誇りであり、幸せなことだ」と決勝点を決めたエースを称賛。

また、トッテナムはマンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、アーセナルと強豪との連戦が続くも、この3戦で2勝1分けをマークし、勝ち点7を獲得。チームの好調を受け、同指揮官はトップ4確保への自信をのぞかせた。

「チームを信用することがとても重要だと思う。信頼、自信、信念、いずれもフットボールに必要なことだ。ユナイテッドやアーセナル相手にクリーンシートができたし、ドローに終わったリヴァプール戦でももっとやれたと思っている。チームのパフォーマンスはファンタスティックで、トップ4を懸けた重要な戦いが続くこの時期に勝利できたことにとても満足している」

チェルシーとリヴァプールは今節を消化していない為、暫定ながらチャンピオンズリーグ出場圏内の3位に浮上したトッテナムは、15日にチャンピオンズリーグ ラウンド16でユヴェントスと対戦する。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる