ケインがアーセナルユースを退団させられた理由…ユースアカデミー責任者が明かす

シェア閉じる コメント
アーセナルの下部組織にも在籍していたケイン。なぜこの才能が流出することとなったのか。

アーセナルのユースアカデミーのディレクターを務めるリアム・ブレイディ氏が、ハリー・ケインを退団させた理由を明かしている。

ケインはトッテナムで花開いた才能で、すでに2度の得点王を獲得し、プレミアリーグでは100ゴール以上をマークしている。ロシア・ワールドカップでもキャプテンとしてイングランド代表をけん引する活躍が求められるが、トッテナム最大のライバル、アーセナルユース出身であったことも知られている。

7歳でアーセナルのユースに入団したものの、1年で退団。その理由をブレイディ氏がイタリア紙『コリエレ・デラ・セラ』で明かしている。

「彼は太っていて、とても運動が優れているようには思えなかった。でも我々が間違っていたね。しかし、トッテナムも彼を3、4回下部リーグにレンタルしている。だから、(クラブではなく)彼自信が素晴らしいキャリアを歩むきっかけを作ったんだ。それに値していると思うよ」

リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ロベルト・レヴァンドフスキがまだ上にいるとしながらも、ケインが24歳であることを強調したブレイディ氏。今後もイングランドの至宝がライバルクラブでゴールを挙げ続ける姿を苦々しく思うのかもしれない。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“最高のエデン・アザール”までもう少し…ベルギー主将、初戦白星もさらなる改善を誓う
次の記事:
【緊急特番】日本代表対コロンビア戦直前番組が放送決定!太田宏介選手や加藤未央さんらが出演
次の記事:
「VAR判定するまでもなくPKだった」スウェーデン指揮官、勝利に安堵もジャッジに不満
次の記事:
アトレティコが仏代表レマル獲得を正式発表…グリーズマン、エルナンデスとも契約延長
次の記事:
サウジ代表が飛行機トラブルに見舞われる…連盟はメンバー全員の無事を発表
閉じる