グリエズマン&D・コスタのアベック誕生なるか...FIFAの処分撤回を期待するアトレティコ

シェア閉じる コメント
前線の強化を望むアトレティコ・マドリー。チェルシーFWの復帰はあるか。

アトレティコ・マドリーは、来季に向けて前線に強力な陣容を揃えることを考慮しているようだ。

今夏の選手登録を禁止する処分をFIFAに科されているアトレティコ。クラブはスポーツ仲裁所(CAS)に処分の撤回を求めて、現在その返答を待っている状況だ。

FWアントワーヌ・グリエズマンの去就が不透明となっているアトレティコだが、同選手の慰留に努め、さらにチェルシーFWジエゴ・コスタ再獲得を目指して動きを見せようとしている。D・コスタは先日、チェルシーを退団するのはアトレティコに復帰する時だけだと認めていた。

アトレティコは2015年夏にFWジャクソン・マルティネス(現広州恒大)を獲得したが、失敗に終わった。ディエゴ・シメオネ監督は悲願のチャンピオンズリーグ制覇を達成するため、前線の強化を求めているとされる。まずはCASの判断を待たなければいけない。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる