グアルディオラがリーグ優勝に近づいたことを認める「まだ成し遂げてはいないが…」

シェア閉じる コメント
2位に勝ち点16差をつけるマンチェスター・シティが優勝に近づいたとスペイン人指揮官は話した。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティがプレミアリーグタイトルに手の届くところまで来たと感じているようだ。

今シーズン序盤から連勝記録を樹立するなど好調のマンチェスター・シティは、プレミアリーグ28試合を消化して2位と勝ち点16差で首位を独走中。先日のカラバオカップ決勝を制した同クラブが、2冠に大きく近づいたとグアルディオラ監督は『スカイスポーツ』で語った。

「我々は(タイトルに)近づいている。これは否定できない。しかし、まだ成し遂げたわけではないから、優勝したと考えるのはまだだ。タイトルレースは我々の手中にあり、自分たちで優勝を手繰り寄せることが一番重要だと思う」

サポーターや解説陣も1日のアーセナル戦に勝利したことでマンチェスター・シティの優勝は間違いないと感じているが、“完璧主義者”のグアルディオラ監督は、チームにさらなる改善を求めた。

「アーセナルに勝利するのは非常に難しいことだった。特にカラバオカップで勝利した後はなおさらだ。アーセナル戦は完璧とは言い難く、前半の最後10分と後半の開始20分は本当に悪いものだった。しかし、勝利できたことが最も重要だ」

5日に対戦するチェルシーへの警戒を語ったグアルディオラ監督は、アントニオ・コンテ監督が大きなプレッシャーを背負っていることについて「私も昨シーズンは同様だった。トップに立っているときは、みんなが称賛の声を上げる。しかし、負けるようなことがあれば“何をしていたんだ?”や“選手たちは信頼していない”、“クラブとの問題を抱えている”と罵られる」と敵将の立場を理解するコメントを残している。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
A・サンチェス、アメリカ遠征不参加に…脱税による有罪判決でビザが発給されず
次の記事:
長友佑都の古巣チェゼーナが破産…財政悪化で82年の歴史に幕。給与未払いも
次の記事:
乾貴士が『FIFA』の選ぶ「ロシアW杯ブレイクスター5選手」に選出!「日本代表の象徴だ」
次の記事:
アトレティコ、カリニッチ&ジェルソン獲得間近に…クラブ間交渉が合意すれば発表へ
次の記事:
ユヴェントス加入のC・ロナウドが入団会見!「歴史を作りに来た。CL制覇のためにベストを尽くす」
閉じる