クロアチアDF、新生イングランドのスタイルは「昔と変わっていない」

シェア閉じる コメント
今大会でイングランドは新たに生まれ変わったとの評判をクロアチアDFは否定した。

クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコは、イングランドはロシア・ワールドカップでもロングボールスタイルだったと指摘した。『インディペンデント』が報じている。

イングランドは11日、W杯準決勝でクロアチアと対戦。悲願のW杯制覇まであと2勝に迫っていたイングランドは試合開始直後にキーラン・トリッピアーのゴールにより先制。しかし、後半にイヴァン・ペリシッチのゴールで同点に追いつかれると延長後半にマリオ・マンジュキッチに決勝点を許し、決勝進出を逃した。

今大会は多くの若手選手で構成されており、伝統のロングボール主体のサッカーから生まれ変わったと言われていたイングランドだが、対戦したクロアチアDFは異なる印象を得たようだ。

「ロングボールを蹴り込むスタイルを変えた新たなイングランドだという話を聞いていたけど、僕たちがプレスを掛けたら彼らは変わってないことが判明したよ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
CL決勝で痛恨ミスのカリウス、いまだ批判を続ける人々に「同情する」
次の記事:
ローマがアリソンの後釜確保へクラブ間合意…W杯で躍進スウェーデンGKを15億円で
次の記事:
プリシッチ、ICCで2ゴールもMVPに選ばれず…意外な理由とは?
次の記事:
味スタでベルギーを見た。FC東京が見せた“高速カウンター”は新たな武器となるか
次の記事:
柴崎岳、新たに海外挑戦する植田直通らにエール「互いに切磋琢磨してやっていこう」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する