クロアチアDF、新生イングランドのスタイルは「昔と変わっていない」

シェア閉じる コメント
今大会でイングランドは新たに生まれ変わったとの評判をクロアチアDFは否定した。

クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコは、イングランドはロシア・ワールドカップでもロングボールスタイルだったと指摘した。『インディペンデント』が報じている。

イングランドは11日、W杯準決勝でクロアチアと対戦。悲願のW杯制覇まであと2勝に迫っていたイングランドは試合開始直後にキーラン・トリッピアーのゴールにより先制。しかし、後半にイヴァン・ペリシッチのゴールで同点に追いつかれると延長後半にマリオ・マンジュキッチに決勝点を許し、決勝進出を逃した。

今大会は多くの若手選手で構成されており、伝統のロングボール主体のサッカーから生まれ変わったと言われていたイングランドだが、対戦したクロアチアDFは異なる印象を得たようだ。

「ロングボールを蹴り込むスタイルを変えた新たなイングランドだという話を聞いていたけど、僕たちがプレスを掛けたら彼らは変わってないことが判明したよ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する