クライファート息子もレアルからのオファーは断れず?「偉大なチームの誘いを断るなんて…」

シェア閉じる コメント
パトリック・クライファートの息子であるジャスティン・クライファートがプレミアリーグへの憧れを明らかにした。

アヤックスに所属しているFWジャスティン・クライファートが、自身の将来とバルセロナへの思いを語った。

かつてバルセロナなどで活躍したパトリック・クライファート氏の息子であるジャスティン。今季リーグ戦19試合6ゴール4アシストと、オランダの地で鮮烈な活躍を見せる18歳のヤングスターには、各国のビッグクラブが熱視線を送っている。

そんなJ・クライファートだが、イングランドでのプレーを夢見ているようだ。

「プレミアリーグは、いつだって僕にとって魅力的なリーグだよ。トッテナム、アーセナル、チェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドもある。できるなら、数年後にはイングランドでプレーしてみたいね」

父が所属していたバルセロナについて聞かれると、自身がバルセロナサポーターであると告白。しかし、最大のライバルであるレアル・マドリーからオファーがくれば、移籍をためらうことはないと語っている。

「バルセロナは僕の心のチームだし、レアルとどちらかを選べるなら、もちろんバルセロナでプレーしてみたいね。もしレアルからオファーがあったらって? あんな偉大なチームの誘いを断ることなんてできないよ」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
メッシはなんと3点台…英『BBC』がアルゼンチン対クロアチアを採点。MOMはどの選手?
次の記事:
マネとの対峙が予想される原口元気、セネガル戦に向けて「彼にボール持たせない守備と攻撃を…」
次の記事:
モドリッチ、20年ぶりGL突破に「最も重要なことを成し遂げた」…アルゼンチン戦でMOMの活躍
次の記事:
メッシは代表引退すべき?SNSで意見相次ぐ「アルゼンチンはあまりにイメージを傷つけた」
次の記事:
ムバッペ、W杯初ゴールに「夢がかなった」…デシャン監督も手放しで称賛
閉じる