ガラタサライ監督、バルサで戦力外扱いのA・トゥラン加入を望む「彼に来てほしい」

シェア閉じる コメント
しかし交渉に進展なし

ガラタサライのイゴール・トゥドール監督は、バルセロナMFアルダ・トゥランの加入を熱望しているようだ。

バルセロナで戦力外扱いとなっているA・トゥランは、古巣ガラタサライへの復帰が噂され続けている状況だ。トゥドール監督も同選手の加入に期待している様子で、『Beinスポーツ』とのインタビューで次のように語っている。

広告

「アルダは偉大な選手であり、トルコフットボールの歴史の中でも重要な存在だ。ガラタサライに来てくれたらうれしいね」

だがトゥドール監督は「アルダについてずいぶんと話されている状況だが、この夏以降、我々は交渉を行っていない」とも語り、移籍実現に向けて進展はないことを強調している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「完璧な試合が必要」フランス主将ロリスがクロアチアとのW杯決勝に向けて意気込み
次の記事:
いよいよ決勝戦!ロシアW杯最終日、フランスとクロアチアが激突【15日試合日程】
次の記事:
ポゼッションフットボール通じなかったスペインだが…シャビ「ティキ・タカの道を進み続けるべき」
次の記事:
グリーズマン、フランス強さの秘密は“組織力”「僕が決めなかったからこそ勝てた」
次の記事:
「自分を疑ったことは一度もない」モドリッチが生きてきた成功するための道筋とは?
閉じる