ガラタサライがセビージャDFを獲得…昨季はリーグ戦29試合に先発

シェア閉じる コメント
補強を続けるガラタサライがセビージャからマリアーノを獲得。

ガラタサライがセビージャからDFマリアーノを3年契約で獲得した。移籍金は最大で450万ユーロ(約5億8000万円)と伝えられている。

マリアーノは昨シーズンもセビージャでリーグ戦29試合に先発するなど主力選手として活躍。しかし、「ガラタサライから電話が来たとき、2度は考えなかった」と即決でトルコ行きを決めたことを明かしている。

「ガラタサライは欧州で有名なクラブだ。(元ガラタサライの)クラウディオ・タファレルとクラブやイスタンブールについて話したこともあるよ」

ガラタサライはチームの中心選手であるオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルの退団を容認した一方で、今夏はユネス・ベルアンダやバフェティンビ・ゴミスといった選手を獲得。2014-15シーズン以来の優勝へ向け、補強を続けている。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる