“カントナ・キック”で契約解除のエブラがウェストハムへ?出場停止処分中も練習参加

シェア閉じる コメント
11月に前代未聞の事件を起こした元フランス代表DFだが、プレミアリーグ復帰に近づいているようだ。

元フランス代表DFのパトリス・エブラは、ウェストハム加入に近づいているようだ。複数のメディアが報じている。

エブラハ、マルセイユ在籍時の昨年11月、ヨーロッパリーグ・グループリーグのヴィトーリア・ギマランエスSC戦の試合開始前に、挑発してきたサポーターの1人にハイキックを見舞う事件を起こした。

元マンチェスター・ユナイテッドのエリック・カントナ氏を彷彿とさせるようなこの事件により、所属先のマルセイユはエブラを解雇し、欧州サッカー連盟(UEFA)も今年6月までの出場停止とするなど、重い処分を下していた。

今夏まで試合に出場できないエブラだが、ここに来てウェスト・ハムが獲得に興味。クラブを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、マンチェスター・U時代に指導した経験があり、6日のチーム練習にエブラが参加したとも報じられている。

5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルを獲得したエブラは、2015年にクラブを離れ、その後ユヴェントスとマルセイユでプレー。そして、再びプレミアリーグのピッチに立つことになるようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する