カッサーノはやはりヴェローナ退団…「このクラブでは続けていきたくない」

シェア閉じる コメント
現役引退は否定。

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、やはりエラス・ヴェローナを退団するようだ。

今年1月にサンプドリアを退団してフリーとなり、今月10日にヴェローナと契約を交わしたカッサーノ。同選手は先に、家族と一緒に過ごせないことを理由にヴェローナ退団を宣言したものの、クラブから説得される形で思いとどまった。しかしながら、最終的にヴェローナに在籍し続けることは難しいと判断した模様だ。

35歳の同選手は、現役引退の可能性こそ否定したものの、ヴェローナを退団する意向を再度示している。

広告

「引退はしたくない。単純に、ヴェローナでは続けられないということだ。この15日間の練習で示してきたように、フィジカル的には素晴らしい状態にある。だけどメンタル的なことを言えば、このクラブで続けるモチベーションがないんだよ」

カッサーノは、どこで現役を続行するのだろうか。

▶セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
東京V、FW林陵平が水戸より完全移籍で加入…松本がFWダヴィと契約更新せず/Jリーグニュースまとめ
次の記事:
最下位ケルン戦はボアテングの独壇場に…得意の“タッチダウンパス”が勝敗のカギに
次の記事:
香川真司、独誌がMOMに選出!「彼がスピードを加える度にドルトムントは危険性を発揮」
次の記事:
“ミスター・インテル”が長友佑都を推す「彼なら違う働きができた。過小評価するな」
次の記事:
J3最下位の鳥取、森岡隆三監督の続投が決定「来季に向けて最大限の準備をする」
閉じる