カシージャス、今季限りでポルト退団へ…クラブは「彼の契約額はとても高い」と説明

シェア閉じる コメント

元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、今季限りでポルトを退団することが明らかとなった。スペイン『EFE通信』が報じている。

2015年に下部組織から過ごすレアル・マドリーを離れ、ポルトに加入したカシージャス。しかしポルトでの冒険は、今期限りになる見込みだ。

ポルトのコミュニケーションディレクターであるフランシスコ・J・マルケス氏はポルトガル『ボラ』とのインタビューで、高額契約を結んでいる選手たちを放出する必要性がることを強調。その中で、カシージャスと今季終了まで結んでいる契約を、更新しない考えを明かしている。

「クラブは必要以上の費用を支払っている。費用削減、特に選手たちの給与をカットすることは義務となっており、そこが出発点だ」

「選手との契約が終了すれば、収支の安定を図ることができる。例えば、カシージャスとの契約は今季で終了する。彼の契約を非常に高額だ」

カシージャスは2015−16シーズン、2016−17シーズンこそポルトの正GKを務めていたが、今季よりカップ戦要員となっていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する