オーバメヤン加入がラカゼットの精神状態に影響…ヴェンゲル「自信を失っている」

シェア閉じる コメント
今季からアーセナルでプレーするラカゼットは、同じく新加入のオーバメヤンの存在に…?

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、今冬にピエール=エメリク・オーバメヤンが加わったことでFWアレクサンドル・ラカゼットが自信を失ったことを認めている。

ラカゼットは昨夏、リヨンから5300万ユーロ(約70億7000万円)で加入。公式戦29試合に出場しながら、9ゴールにとどまり、10日のトッテナム戦でも途中出場したものの、決定的なチャンスを逃している。

そしてアーセナルは今冬5600万ポンド(約84億3000万円)と大枚をはたいて、ドルトムントからオーバメヤンを獲得。ヴェンゲル監督はこの補強がラカゼットの精神状態に影響を与えていると話す。

「彼は難しい時期を経験し、今はハードワークをしてフィニッシュの改善に励んでいる。何が起きているかはわからないが、自信は最高のレベルにはなさそうだ。彼にとっての競争相手がやってきたわけだからね」

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“最高のエデン・アザール”までもう少し…ベルギー主将、初戦白星もさらなる改善を誓う
次の記事:
【緊急特番】日本代表対コロンビア戦直前番組が放送決定!太田宏介選手や加藤未央さんらが出演
次の記事:
「VAR判定するまでもなくPKだった」スウェーデン指揮官、勝利に安堵もジャッジに不満
次の記事:
アトレティコが仏代表レマル獲得を正式発表…グリーズマン、エルナンデスとも契約延長
次の記事:
サウジ代表が飛行機トラブルに見舞われる…連盟はメンバー全員の無事を発表
閉じる