オーストラリア、ホンジュラスからアウェーゴール奪えず…第1戦はスコアレス/ロシアW杯大陸間プレーオフ

シェア閉じる コメント
ホンジュラスホームでの第1戦はスコア動かず。

ロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフが10日に行われ、北中米代表のホンジュラスとアジア代表のオーストラリアが対戦した。

オーストラリアはアジアプレーオフで突破に貢献したベテランのティム・ケーヒルが、足首のケガの影響もあり、ベンチスタート。最前線にはトミー・ユリッチが入り、中盤にはミル・ジェディナク、アーロン・、ムーイといった主力選手が並んだ。

試合は地力で上回るオーストラリアがポゼッションで優位に立ちながらも、なかなか決定機までには至らない展開。ホンジュラスも逆にカウンターからシュートを放ち、ゴールを脅かす。しかし、両チームともに精度を欠き、最後までゴールは生まれず。ホンジュラスのホームで行われた試合はスコアレスドローに終わっている。

なお、第2戦は15日、オーストラリアのシドニーで行われる予定となっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
地獄の夏連戦。J1初制覇を目指すC大阪に求められるのは“暑さ”を乗り切る“熱き”戦い
次の記事:
名古屋、夏の大補強。「立て直し」のカギを握る新加入“三銃士”
次の記事:
【独占】ドナドーニ氏、日本代表新監督について「挑戦できれば幸せ」「快く受けたい」/インタビューVol.3
次の記事:
『逆襲』掲げる王者・川崎Fに立ちはだかる2つの試練と連覇への道筋
次の記事:
FC東京、32歳DF丹羽大輝を広島から完全移籍で獲得「このチームに全てささげたい」
閉じる