オーストラリア、ホンジュラスからアウェーゴール奪えず…第1戦はスコアレス/ロシアW杯大陸間プレーオフ

シェア閉じる コメント
ホンジュラスホームでの第1戦はスコア動かず。

ロシア・ワールドカップ大陸間プレーオフが10日に行われ、北中米代表のホンジュラスとアジア代表のオーストラリアが対戦した。

オーストラリアはアジアプレーオフで突破に貢献したベテランのティム・ケーヒルが、足首のケガの影響もあり、ベンチスタート。最前線にはトミー・ユリッチが入り、中盤にはミル・ジェディナク、アーロン・、ムーイといった主力選手が並んだ。

試合は地力で上回るオーストラリアがポゼッションで優位に立ちながらも、なかなか決定機までには至らない展開。ホンジュラスも逆にカウンターからシュートを放ち、ゴールを脅かす。しかし、両チームともに精度を欠き、最後までゴールは生まれず。ホンジュラスのホームで行われた試合はスコアレスドローに終わっている。

なお、第2戦は15日、オーストラリアのシドニーで行われる予定となっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ドルトムント、敵地でシュトゥットガルトに敗れ優勝争いに暗雲/ブンデスリーガ第12節
次の記事:
再び古巣チェルシーから引き抜き?モウリーニョ監督、1月のターゲットはあのDFか
次の記事:
【フィリペ・コウチーニョの物語】色白のひ弱な少年がリーグを代表する選手へ成長した5年間の軌跡
次の記事:
ジャンルイジ・ブッフォン:スーパーマンの作り方
次の記事:
【ルカ・モドリッチの物語】不合格のひ弱な少年が世界最高のMFになるまで
閉じる