エリクセン、バルサ移籍の噂に「彼らにノーとは言えない」

シェア閉じる コメント

トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、移籍の噂に言及している。

エリクセンはトッテナムと2020年まで契約を結んでいる。だが最近では、バルセロナがMFアンドレス・イニエスタの今季限りで退団により、中盤を補強するためエリクセンに関心を寄せていると伝えられている。

エリクセンはデンマーク『Ekstra Bladet』で「あと数年、トッテナムとの契約を残している。サッカー選手なら、移籍のうわさはつきまとうものだ。僕もその一人だよ」と移籍の可能性に触れた。

「バルサは偉大なクラブだ。彼らにノーと言える選手がたくさんいるとは思えない」

エリクセンは今季プレミアリーグで36試合に出場して10得点を記録した。トッテナムはプレミアリーグを3位で終え、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
武藤嘉紀、日本代表での1トップ起用に手応え…今季マインツで得られた自信とは?
次の記事:
宇佐美貴史が感じた新布陣の伸びしろ「全てにおいて最初は苦労する」
次の記事:
肩負傷のサラーがW杯出場に自信「愛情やサポートが僕に力を与えてくれる」
次の記事:
退団示唆のC・ロナウド、「敬意欠いている」としてレアルの新契約オファーを断っていた模様
次の記事:
サラー、やはりW杯参加は不可能か「彼の離脱期間は2カ月。リヴァプールが大会参加を許さない」
閉じる